ワクチン接種の概要


新型コロナウイルス感染症の発症を予防し、死亡者や重症者を減らし、
感染拡大を防止することを目的に、ワクチン接種を実施します。

目次


接種対象者

12歳以上の瀬戸市民(原則として住民票のある市町村で接種します。)

【接種優先順位について】

一定の接種順位を決めて、接種を行います。

(1)医療従事者等
(2)高齢者(令和3年度中に65歳に達する、昭和32年4月1日以前に生まれた方)

1.85歳以上の高齢者(昭和12年4月1日以前に生まれた方)

2.75~84歳以下の高齢者(昭和22年4月1日以前に生まれた方)

3.65~74歳以下の高齢者(昭和32年4月1日以前に生まれた方)
(3)高齢者以外で基礎疾患を有する方や瀬戸市内の高齢者施設等で従事されている方

(4)特定医療費受給者証をお持ちの難病患者の方、

(5)瀬戸市内の障害者施設等に従事されている方、瀬戸市内の保育施設等に従事する保育士等、瀬戸市内の小中学校に勤務する教員等、市消防団員、感染により市民生活に大きな影響を及ぼす業務に従事する市職員等

(6)64歳以下の方


接種費用

無料(全額公費で接種を行います)


接種回数 

2回の接種が必要です。
※ファイザー社製のワクチンでは、通常、1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受けます。(12歳以上の方を対象に接種を行います。)
※武田/モデルナ社製のワクチンでは、通常、1回目の接種から4週間後に2回目の接種を受けます。(12歳以上の方を対象に接種を行います。)
※原則同じ会場で、2回の接種を完了してください。

ファイザー社製ワクチン
詳細(外部リンク:厚生労働省HP)

武田/モデルナ社製ワクチン
詳細(外部リンク:厚生労働省HP)


接種までの流れ

集団接種の場合

▼「新型コロナワクチン接種の流れ(集団接種の場合)の動画」から、手順をご確認いただけます▼

動画投稿サイト「YouTube」からご覧になれます。これより先は外部サイトとなり、別ウィンドウで開きます。

【愛知県瀬戸市】新型コロナワクチン接種の流れ(集団接種の場合)(約3分)


個別接種・集団接種共通の流れ

原則として住民票のある市町村で接種します。

1.市から接種券が届きます。

接種券同封物(ページ内リンク)がすべて同封されていることをご確認ください。

2.接種日などを予約します。

1.接種場所をお選びください。

現在、何かの病気で治療中の方や、体調などに不安がある方は、かかりつけ医等にご相談ください。

接種日前2週間以内に他の予防接種 (高齢者肺炎球菌ワクチン、インフルエンザワクチン等)を受けていると、新型コロナワクチン接種ができません。

2.接種日を予約します。

インターネットや電話で予約をしてください。予約方法はこちら(ページ内リンク)をご覧ください。

3.ワクチンを接種します。

1.1回目の接種を行います。

接種の際には、以下のものをご持参ください。

【ご持参いただくもの】

  • 市から郵送される「接種券」
  • 市から郵送される「予診票」※1
  • 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証など)

※1:予診票は事前にご記入をお願いします。

2.2回目の予約後、1回目と同じように接種を受けます。


12歳から15歳までの方のワクチン接種における注意事項

お子さんが安全に接種を受けていただくため、12歳から15歳の方のワクチン接種には保護者の同伴をお願いします。

また、予診票下部の「新型コロナワクチン接種希望書」欄には保護者の署名も必要です。署名が無い場合は、ワクチン接種を受けることができません。

このほか、新型コロナワクチンは他の予防接種と前後2週間の間隔が必要ですので、確認のため母子健康手帳をお持ちください。

※現時点でまだ11歳の方の接種券は、誕生月の翌月初旬に発送します。

【12歳以上の方とその保護者の方へ】ワクチン接種のお知らせ

ワクチン接種の強制や差別の防止について 

新型コロナウイルスワクチンの接種は、市民の皆さまに受けていただくようお勧めしていますが、強制ではありません。しっかりと情報提供を行った上で、ご本人の意思に基づき、接種を行うことになります。接種を望まない方に接種が行われることはありません。

現在何かの病気で治療中の人や、体調など接種に不安がある人は、かかりつけ医と相談の上、ワクチンを接種するかどうかをお考えください。
また、職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いします。

(1) 職場におけるいじめ、嫌がらせに関する相談窓口

・県が設置している相談窓口:あいち労働総合支援フロア労働相談コーナー

 TEL 052-589-1405

 月曜日~金曜日 午前9時30分~午後6時

 土曜日     午前10時~午後5時

国が設置している相談窓口(外部リンク:厚生労働省HP)

(2) 人権に関する相談窓口(法務省HP)


副反応が起きた場合の健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。
救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。
なお、現在の救済制度の内容については、こちら(外部リンク:厚生労働省HP)をご参照ください。


詐欺の情報にはご注意ください

県や市の職員の名前をかたり、「優先的に新型コロナウイルスワクチンの接種ができる」「接種には予約金が必要」等と嘘を言い、現金を要求する不審な電話が発生しています。

国では全国民分のワクチン確保を目指しており、徐々に供給されるため、一定の接種順位を決めて接種を行っていきます。また、市が行う新型コロナウイルスワクチン接種は無料です。不審な電話には騙されないようご注意ください。

あいち安全通信No.52「ワクチン接種を口実とした不審な電話にご注意」.pdf(327KB)

新型コロナウイルス関連の特殊詐欺についてはこちら(別ページリンク:瀬戸市生活安全課HP)をご覧ください。

接種の流れ


市から接種券が
届きます。


接種日などを
予約します。


ワクチンを
接種します。