相談窓口


ワクチンに関する電話相談窓口  

新型コロナワクチンに関する電話相談窓口についてご紹介します。

瀬戸市

新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター
電話番号 / 0561-56-0200
対応時間 /【全日】8時30分~17時15分
主な問い合わせ内容:
接種会場、接種券、予約などワクチン接種に関する一般的なこと


愛知県

新型コロナウイルス感染症健康相談窓口
電話番号 / 052-954-6272
対応時間 / 【平日・土日祝】9時~17時30分

夜間・休日専用窓口
電話番号 / 052-526-5887
対応時間 /
【平日】17時30分~翌9時
【土日祝】24時間体制

主な問い合わせ内容:
ワクチン接種の効果や副反応などに関すること

聴覚に障害がある方への対応

9時~17時30分(平日)
FAX:052-954-7430
E-mail:kansen-taisaku@pref.aichi.lg.jp


厚生労働省※1

新型コロナワクチンコールセンター
フリーダイヤル /  0120-761-770
対応時間 / 9時~21時
主な問い合わせ内容:ワクチン施策等に関すること

聴覚に障害がある方への対応

FAX・E-Mail
一般財団法人全日ろうあ連盟HP(外部リンク)で詳細をご覧ください。

※厚生労働省新型コロナワクチンコールセンターについては多言語での対応が可能です。

<対応言語>

日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語(対応時間:9時~21時)
タイ語(対応時間:9時~18時)
ベトナム語(対応時間:10時~19時)


副反応が起きた場合の健康被害救済制度 

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。
救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。
なお、現在の救済制度の内容については、こちら(外部リンク:厚生労働省HP)をご参照ください。

接種の流れ


市から接種券が
届きます。


接種日などを
予約します。


ワクチンを
接種します。