新型コロナワクチンの有効期限延長について


貴重なワクチンを無駄にせず有効活用するため、ワクチンの有効期限が延長されました。

接種済証に貼付するワクチンシールには、以前の有効期限が記載されていますが、記載の期間から延長されていますのでご注意ください。

ファイザー社ワクチン

ファイザー社ワクチンは、令和3年(2021年)9月10日に、-90℃~-60℃で保存する場合の有効期間が「6か月」から「9か月」に延長されました。
有効期限が令和4年(2022年)2月28日以前となっているワクチンは、有効期間が6ヵ月という前提で有効期限が印字されていますが、有効期間が9か月まであるワクチンとして取り扱って差しつかえないこととされています。

武田/モデルナ社ワクチン

武田/モデルナ社ワクチンは、 -15℃~-25℃で保存する場合の有効期間が令和3年(2021年)7月16日には「6か月」から「7か月」に延長され、同年11月12日には「7か月」から「9か月」に延長されました。
有効期限が令和4年(2022年)3月1日以前となっているワクチンは、ロットNo.3004733のワクチンを除き、有効期間が6か月であるという前提で有効期限が印字されています。また、ロットNo3004733、000048A及び000049Aのワクチンは、有効期限は7か月であるという前提で有効期限が印字されていますが、有効期間が9か月まであるワクチンとして取り扱って差しつかえないこととされています。

接種の流れ


市から接種券が
届きます。


接種日などを
予約します。


ワクチンを
接種します。